2021年9月 総資産の公開

資産を運用する

やさぐれです。

8月分の更新忘れていましたが、スキップして9月分だけ更新します。

今回から、確定拠出年金(iDeCo)の公開もこの記事にまとめました。

2021年9月末時点の総資産をマネーフォワードのスクリーンショットを使って公開します。

マネーフォワードで証券会社を連携すれば、資産把握にとても便利です。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

無料posted withアプリーチ

2021年9月の総資産

2021年9月末の総資産は約7,544万円でした。

先月から100万円のマイナスでした。

中国不動産開発大手の中国恒大集団が経営危機と報道されています。

破綻した場合、世界へ影響が波及する可能性があり、株式全般が下げたことが影響しています。

2021年9月のポートフォリオ

8月に「REIT-ETF」を売却し、その一部資金で「NF外債ヘッジ無」を買い増ししました。

債券の割合を増やす基本方針に変更なく、余剰資金ができたら債券買い増しにあてます。

GMOインターネットの優待変更がありました。

GMOくまポンギフト券2,100円分→GMOコインにおけるビットコイン付与2,100 円分 に変更されました。

ところで、私がGMOインターネットを保有している理由は、「GMOインターネットグループが提供する各種サービスの利用料優待(5,000円分)」が美味しすぎるためです。

この記事で何がどうお得なのか解説しています。

私の場合、ブログ(ConoHa WING)とボットプログラム・スクレイピング(ConoHa VPS)で使用しています。

2021年9月 確定拠出年金(iDeCo)の公開

総資産評価額
期間別利回りと総資産評価額の推移

2021年9月の総資産評価額は約312万円でした。

野村外株インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI・DC一本で運用しています。

「暴落を予想して売買することのデメリット」は確定拠出年金は例外ですね。

「税金の繰り延べ効果がなくなる」、「売買手数料分だけ損をする」というデメリットが発生しません。

どうしても暴落や暴騰でアクションしてみたい人は、確定拠出年金でお試ししてみると良いかもしれません。


この記事でも書いている通り、確定拠出年金(iDeCo) は投資手段として優れています。

会社で加入していない場合でも、個人で入ることが可能です。

おすすめの証券会社を貼っておきます。

おすすめ証券会社

iDeCoに入るならおすすめできる大手証券会社4社を紹介します。

  • SBI証券:選べる商品が豊富
  • 楽天証券:Webセミナー充実、楽天バンガードシリーズなどのオリジナル商品もあり
  • マネックス証券:低コスト商品を中心に厳選して提供
  • 松井証券:厳選した商品と丁寧なサポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました