2022年収支の公開(マネーフォワードスクショ有)

節約する
やさぐれ
やさぐれ

やさぐれブログを運営しているやさぐれ@yasagureblog)です。

本ブログでは、節税、資産運用、副業、節約の情報を発信、実践してる様をお伝えしています!

2022年10月末までの収支(家計)を公開します。

やさぐれ
やさぐれ

ちょっと更新さぼってましたが、9月分、10月分を更新しました

やさ嫁
やさ嫁

10月は不眠症で大変だったしね

やさぐれ
やさぐれ

遅寝遅起きでしたが、規則正しい生活を心がけます!

では、2022年10月の収支をご覧ください。


総資産と家計簿に関しては、スマートフォンのスクリーンショットを貼っています。

アプリは マネーフォワード を利用しており、総資産や家計が自動集計される優れものです。

有料プランもありますが、私自身は無料プランで利用しておりかなり助かっています。

興味のある人は、使ってみて下さい!

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

無料posted withアプリーチ

マネーフォワードについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿のおすすめはマネーフォワード!【ブログで収支実績公開中】

2022年10月の収支

2022年10月収支のスクリーンショットです。

2022年10月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

10月収入:512,652円
 給与:0円
 副業:148,730円
 配当:363,922円

10月の副業収入は148,730円でした。
2021年1月から休職に入って、副業で稼いできました。以下に2021年1-12月、2022年1-10月の収入を記載します。

 給与副業配当
1月395,070円232,867円294,881円
2月234,625円67,230円0円
3月234,625円268,095円0円
4月213,787円445,392円172,671円
5月0円286,774円0円
6月750,046円294,465円258,682円
7月4,400円332,465円67,776円
8月7,093円109,161円0円
9月3,300円125,437円223,246円
10月0円30,130円75,062円
11月0円20,091円0円
12月44,883円48,980円355,912円
2022年1月1,232,370円61,696円77,071円
2022年2月0円73,738円0円
2022年3月0円173,810円1,005円
2022年4月0円332,875円398,237円
2022年5月0円275,329円0円
2022年6月0円148,151円423,480円
2022年7月0円244,825円43,276円
2022年8月0円74,294円0円
2022年9月0円68,166円0円
2022年10月0円148,730円363,922円

支出について

「日用品」が普段より大分上がっているのは、ニトリでコタツを買ったためです。

昨年に壊れてしまっていたのですが、ずっとテーブルとして使っていました。

電気代が上がっているということもあり、コタツ活用してエアコン暖房を減らしたいと思っています。

ちなみに買ったコタツは以下です。

初めてフラット型のヒーターにしてみたら、正解でした!

主に2つメリットを感じています。

1つ目のメリットは、全体をじんわり暖める感じで、非常に使いやすい。

前のコタツは標準的なヒーターでしたが、つけたら熱いし、消したら寒いという操作でなんとかごまかして使っていました。

2つ目のメリットは、猫の毛を頻繁に掃除する問題がなくなったことです。

我が家では猫を2匹飼っており、標準的なヒーターでは徐々に毛が詰まってくるので頻繁に掃除していました。

そのままにしておくと、火事になりそうで怖いんですよね。

フラット型であれば、ファンを回す作りではないので、毛が詰まることがありません。

コタツの買い替えを考えている方は、是非、フラット型ヒーターを検討してみて下さい。

振り返り

10月は、大分収入伸びてきました。

やさぐれ
やさぐれ

旅行から帰った後、時差ボケでひどい不眠症になりました

やさ嫁
やさ嫁

つらそうだったね

不眠症でほとんど何もやれてない時期であっても、収入が伸びているのは良いことだなと思います。

「労働依存で上下していない」ということなので、稼ぎ方としては自分の狙い通りです。

ちなみに、不眠症は規則正しい生活をしていると徐々に改善してきて、今は完全に治っています。

以上、10月の収支公開でした。

2022年9月の収支

2022年9月収支のスクリーンショットです。

2022年9月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

9月収入:68,166円
 給与:0円
 副業:68,166円
 配当:0円

9月の副業収入は68,166円でした。
2021年1月から休職に入って、副業で稼いできました。以下に2021年1-12月、2022年1-9月の収入を記載します。

 給与副業配当
1月395,070円232,867円294,881円
2月234,625円67,230円0円
3月234,625円268,095円0円
4月213,787円445,392円172,671円
5月0円286,774円0円
6月750,046円294,465円258,682円
7月4,400円332,465円67,776円
8月7,093円109,161円0円
9月3,300円125,437円223,246円
10月0円30,130円75,062円
11月0円20,091円0円
12月44,883円48,980円355,912円
2022年1月1,232,370円61,696円77,071円
2022年2月0円73,738円0円
2022年3月0円173,810円1,005円
2022年4月0円332,875円398,237円
2022年5月0円275,329円0円
2022年6月0円148,151円423,480円
2022年7月0円244,825円43,276円
2022年8月0円74,294円0円
2022年9月0円68,166円0円

支出について

「趣味・娯楽」の大きな支出は海外旅行費用です。

その他はいつも通りな感じですが、光熱費かなり上がってきましたね。

振り返り

9月も収入が振るわず。

やさぐれ
やさぐれ

旅行で使うだけ使って稼げてないのは。。

やさ嫁
やさ嫁

リフレッシュして頑張ろう

以上、9月の収支公開でした。

2022年8月の収支

2022年8月収支のスクリーンショットです。

2022年8月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年8月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

8月収入:74,294円
 給与:0円
 副業:74,294円
 配当:0円

8月の副業収入は74,294円でした。
2021年1月から休職に入って、副業で稼いできました。以下に2021年1-12月、2022年1-8月の収入を記載します。

 給与副業配当
1月395,070円232,867円294,881円
2月234,625円67,230円0円
3月234,625円268,095円0円
4月213,787円445,392円172,671円
5月0円286,774円0円
6月750,046円294,465円258,682円
7月4,400円332,465円67,776円
8月7,093円109,161円0円
9月3,300円125,437円223,246円
10月0円30,130円75,062円
11月0円20,091円0円
12月44,883円48,980円355,912円
2022年1月1,232,370円61,696円77,071円
2022年2月0円73,738円0円
2022年3月0円173,810円1,005円
2022年4月0円332,875円398,237円
2022年5月0円275,329円0円
2022年6月0円148,151円423,480円
2022年7月0円244,825円43,276円
2022年8月0円74,294円0円

支出について

「食費」の固定分入れるの忘れていましたので、実際には+4万円になります。

(※今月から食費計算方法を変更しています。月4万円でまとめて嫁に1年分の食費を渡して、家計簿上は4万円固定でつける。)

振り返り

8月は収入があまりよろしくありませんでした。

やさぐれ
やさぐれ

旅行にも行くし、ちゃんと稼がんとな

やさ嫁
やさ嫁

頑張ってね♪

元々やっていたパチスロなどはやめて、今は時給労働にならないような仕事に注力してます。

ある程度の生活費は、配当収入で賄えているのでのんびり伸ばしていこうと思います。

以上、8月の収支公開でした。

2022年7月の収支

2022年7月収支のスクリーンショットです。

2022年7月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年7月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

7月収入:288,101円
 給与:0円
 副業:244,825円
 配当:43,276円

7月の副業収入は244,825円でした。
2021年1月から休職に入って、副業で稼いできました。以下に2021年1-12月、2022年1-7月の収入を記載します。

 給与副業配当
1月395,070円232,867円294,881円
2月234,625円67,230円0円
3月234,625円268,095円0円
4月213,787円445,392円172,671円
5月0円286,774円0円
6月750,046円294,465円258,682円
7月4,400円332,465円67,776円
8月7,093円109,161円0円
9月3,300円125,437円223,246円
10月0円30,130円75,062円
11月0円20,091円0円
12月44,883円48,980円355,912円
2022年1月1,232,370円61,696円77,071円
2022年2月0円73,738円0円
2022年3月0円173,810円1,005円
2022年4月0円332,875円398,237円
2022年5月0円275,329円0円
2022年6月0円148,151円423,480円
2022年7月0円244,825円43,276円

支出について

「食費」は、2.3万円ぐらいでした。

食費計算方法を変更しようと思っています。

大体の食費はわかってきたので、月4万円でまとめて嫁に1年分の食費を渡して、家計簿上は4万円固定でつける形に変更します。

「趣味・娯楽」は、9.4万円なのは旅行の前金が含まれているためです。

コロナも落ち着いてきたので、海外旅行を予定しています。

振り返り

私の場合、会社を辞めて健康保険を任意継続しています。

任意継続した健康保険に、抽選で海外旅行が少し安くなる仕組みがあり利用しました。

やさぐれ
やさぐれ

抽選でしたが、無事、2次抽選で当選しました

やさ嫁
やさ嫁

楽しみ♪

お金は貯めるばっかりでも仕方ないので、有効に使っていきたいですね。

旅行代金は、大体2人で60万円の想定です。

以上、7月の収支公開でした。

2022年6月の収支

2022年6月収支のスクリーンショットです。

2022年6月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年6月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

6月収入:678,127円
 給与:0円
 副業:148,151円
 配当:423,480円

6月の副業収入は148,151円でした。

支出について

「食費」は、5.2万円ぐらいでした。

「税・社会保障」は、7万円ぐらいで、住民税です。

あと、車関連で片方のライトが切れてたので、直しました。

その他には大きな支出はありませんでした。

振り返り

今月は米株の配当がたくさん出たので、黒字でした。

会社辞める時に注意しないといけないのが住民税です。

やさぐれ
やさぐれ

休職挟んでたので、大した所得がないはずと思っていたので不意打ちだよ

やさ嫁
やさ嫁

ふふふ、甘いね!

住民税は後払いのため、社会人1年目払っておらず、社会人2年目から前年の住民税を1年ずれて払ってるんですね。

私の場合、2021年1月から有給消化→休職(なぜかボーナスも貰えた)→2021年12月に辞める、という流れでした。

2021年に給与所得があるので、辞めた後の2022年に2021年度分の住民税を払う必要があります。

会社辞める時は注意しましょう!

住民税は後払いをお忘れなく。

2022年5月の収支

2022年5月収支のスクリーンショットです。

2022年5月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年5月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

5月収入:275,329円
 給与:0円
 副業:275,329円
 配当:0円

5月の副業収入は275,329円でした。

支出について

「食費」は、3.5万円ぐらいでした。

「自動車」は、9万円ぐらいで、大きいところは自動車税ノーマルタイヤ4本の購入代金です。

その他には大きな支出はありませんでした。

振り返り

今月も副業でそこそこ稼げて、トータルはトントンぐらいでした。

車は細々とお金かかるので、家計で困っていたら思い切って台数減らす検討も一考しましょう。

やさぐれ
やさぐれ

実際、我が家も元々は2台持ちでしたが、嫁の車を売却しました

やさ嫁
やさ嫁

お互いの仕事や生活スタイルを変えて、車1台でも困らなくなったね

いま、我が家は車1台と自転車1台でやりくりしています。

保有するだけで以下の費用がかかる上に、動かなくなれば再購入が必要になります。

  • 駐車場
  • 自動車保険
  • 自動車税
  • 車検
  • その他不定期のメンテナンス
    • タイヤ
    • エンジンオイル
    • ワイパー
    • ウォッシャー液
    • エアコンフィルター
    • ヘッドライト

できるだけ車に頼らないようにライフスタイルを組めると良いですね。

「住む場所」や「仕事」を選ぶ際、こういった費用も総合的に考える必要があります。

2022年4月の収支

2022年4月収支のスクリーンショットです。

2022年4月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年4月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

4月収入:731,112円
 給与:0円
 副業:332,875円
 配当:398,237円

4月の副業収入は398,237円でした。

支出について

「食費」は、3.2万円ぐらいでした。

節制したわけではなく、実家に帰る機会が多くて、ご飯代が浮いたおかげです。

今月は全般的に大きな支出はありませんでした。

振り返り

今月は配当がしっかり出て、副業でもそこそこ稼げたので良かったです。

毎月支出がこの程度なら良いのですが、以外と定期的に大きな支出があるんですよね。

例えば、社会保険料、税金、車のメンテナンス費用、保険、冠婚葬祭費などです。

支出を記録してみると、こういう部分にもしっかり気づけます。

2022年3月の収支

2022年3月収支のスクリーンショットです。

2022年3月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年3月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

3月収入:174,815円
 給与:0円
 副業:173,810円
 配当:1,005円

3月の副業収入は173,810円でした。

支出について

「食費」は、4.6万円ぐらいでした。

ちょっと量を食べすぎかもしれません。

「税・社会保険料」の31万円は、健康保険料1年分です。

来年からはガクッと下がるはずです。

振り返り

1年の休職を挟んで所得が下がってたので、健康保険料も下がるかと思ってました。

思惑は外れ、高かったです。

おそらく、2年前の所得が参照されているんでしょう。

しかし、これぐらいの誤算は吸収できるよう準備していたので問題ありません。

2022年2月の収支

2022年2月収支のスクリーンショットです。

2022年2月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年2月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

2月収入:72,738円
 給与:0円
 副業:72,738円
 配当:0円

2月の副業収入は73,738円でした。

普通に赤字ですね。

一応、副業収入は徐々に増えてます。

支出について

「食費」は、3.6万円ぐらいです。

最近は、ウォーキングついでにスーパーで半額食材買うようにして、色々な食材を買いつつも食費が抑えられるように工夫しています。

「健康・医療」の5.5万円は、コンタクトとメガネを買い換えたためです。

ハードコンタクトの寿命は2~3年なので、定期的な買い替え日用品として、あらかじめ支出計画しておくと良さそうですね。

振り返り

会社を辞める前にある程度、支出想定していましたが、大きくは外してませんでした。

大まかな支出予想が立てれていれば、多少収入が減っても無駄に心配することはありません。

支出や収入が変わるような人生の決断を行いたければ、普段から支出と収入予想を立てて準備しておくと良いと思います。

小さいところを見ていくと、サイクルが長いもの(コンタクトの買い替えなど)は漏れていました。

でも、その部分は枝葉であり、走りながら修正しても問題ないでしょう。

2022年1月の収支

2022年1月収支のスクリーンショットです。

2022年1月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット
2022年1月収支マネーフォワードアプリのスクリーンショット

収入について

1月収入:1,371,137円
 給与:1,232,370円
 副業:61,696円
 配当:77,071円

1月の副業収入は61,696円でした。

退職金除くと赤字ですね。

徐々に増えてますが、パチスロ外の副業収入増やしたいところです。

ところで、退職金は事前に計算していて、もっと入ると思ってました。

ところが、会社のシステム上で表示されている退職金は確定拠出年金の会社拠出分を含めた金額だったんです。

退職金について、全然理解できていませんでした。

おそらく、私が働いていた会社の社員の99%は理解できてないと思います。

私の場合、退職金は追加の投資資金にあてようかなと思っていたので困りませんでした。

しかし、退職金が今後の人生設計に関わっている人(退職金を元手に事業はじめるなど)は注意が必要です。

特に確定拠出年金で会社拠出がある人は気に留めておいてください。

支出について

「食費」は、3.7万円ぐらいで、引き続き嫁の努力のおかげで低く抑えられています。

「税・社会保障」の7.9万円は、1-3月分の健康保険料をまとめて払った費用です。

社会保険関連の費用は、会社辞めると全額負担(雇われていると半分会社負担になる)になるので、辞める前にその心づもりをしておきましょう。

振り返り

相変わらず少しづつですが、不労所得 or 微労所得の収入が伸びてきています。

コツコツ継続して伸ばしていこうと思います。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました