2021年7月 収支の公開

節約する

やさぐれです。

2021年7月の収支をマネーフォワードのスクリーンショットを使って公開します。

収支の記録にはマネーフォワードを利用しています。

>>マネーフォワード公式

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

無料posted withアプリーチ

2021年7月の収支

収入について

7月収入:337,465円
 給与:4,400円
 副業:332,465円
 その他:1,000円

会社からの4,400円の給与は何かよくわかりませんでした。

7月の副業収入は332,465円でした。
2021年1月から休職に入って、副業で稼いできました。以下に1-7月の収入を記載します。

  • 2021年1月:給与395,070円 副業232,867円
  • 2021年2月:給与234,625円 副業67,230円
  • 2021年3月:給与234,625円 副業268,095円
  • 2021年4月:給与213,787円 副業445,392円
  • 2021年5月:給与0円 副業286,774円
  • 2021年6月:給与750,046円 副業294,465円
  • 2021年7月:給与4,400円 副業332,465円

7月も自分と嫁の副業収入が同じくらいでした。

現状は世帯単位で副業収入が70万円ぐらいです。
実は、次回報告することになりますが、8月は絶不調です。

株の配当が月平均すると10万円程度あります。
キャッシュフローではないので、含み益(※)は収入として考えないことにします。
(※ 資産7250万円 x 期待リターン5% x 税金(1 – 0.2) = 290万円)

支出について

「その他」は、仕入れ、サーバー代などの経費です。ほとんどは仕入れ代です。

「税・社会保障」は、休職中1か月分の社会保険料です。
休職中は、会社負担分の社会保険料は支払い不要ですが、自分負担分は払う必要があります。
私の会社の場合、給与明細の下にちょこっと書いてあるだけで、めちゃくちゃわかりにくかったです。
催促のメールで2か月分振り込むように知らされて理解しました。
休職する方は、どういう風に通知されるのか確認しておいたほうが良いです。

「通信費」は、インターネット料金をプロバイダー乗り換えによって下げることに成功してます。
また、楽天モバイルに加入しており、今は無料期間なのでスマホ代は0円です。

全体の支出から「税・社会保障」と「その他」を引くと、176,676円。

今月は、ペット関連と食費で特別な支出があったので、他の月より若干多くなりましたが、問題ない範囲だと思います。

振り返り

「食費」は、今月は5.7万円で多かったですが、備蓄用の食料を用意した分あがったので、来月はまた下がると思います。

「光熱費」のうち電気料金について、電力会社を変えた結果がそろそろ報告できそうです。
プランの内容が違いすぎて、実際料金が下がるのか不安でしたが、同程度の電力使用量に対して下がっていることが確認できました。
皆さんに役立ちそうな結果になったので、また別記事で報告したいと思います。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました